ロープアクセスとは

ロープアクセスとは、仮設足場や高所作業車、仮設ゴンドラを設置することなく高所や難所でロープを自在に操り
作業を行う工法のことです。無足場での作業の為、外観を損なうことなく施工出来ます。

 ■安全性

ロープの切断などにより落下等の事故の可能性をなくす為、複数の支点確保やロープ擦れ防止器具の活用等
多くの安全策を講じています。

■難所でも施工可能

橋梁点検車や高所作業車でも近接できない箇所の点検も可能です。橋梁点検車設置などによる交通規制を回避
したい場合に適しています。

■費用削減

足場工を設置せず施工できるので、費用削減が見込めます。道路使用許可や橋梁点検車手配等の準備が
ほとんど不要です。

■準備に係る時間が短い

道路使用許可申請等、足場工の材料手配、設置期間が不要なため、準備に係る時間を短縮することができます。 

ロープアクセスが役立つ現場

 橋梁点検 (13).JPG  塗装.JPG

・真下に川や建物があり、足場が組めない場合    ・高所でのピンポイント作業や建物の間が狭すぎる場合